So-net無料ブログ作成

Bell 204B [タイトル記事]

ビジネスブログ187.jpg
【 Photo rkheliski.com HPより Bell 204B 巡航速度:205㎞/h、航続距離:533㎞ 】

今でもヘリスキーなどで使われているBell 204Bです。

東京ヘリポートから
大阪の八尾空港までの空輸(約450㎞)が厳しく、
静岡県焼津市の場外着陸場にドラム缶を持ってきて貰い、
(近所のガソリンスタンド店)一旦、給油していました。

タグ:空輸
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

Fixed Wing?Rotorcraft? ③ [タイトル記事]

ビジネスブログ308.jpg

巡航速度、航続距離、離着陸性能などを比較してみると、
両方共に、“帯に短し、襷に長し、”感は否めないです。

Fixed Wingも、Rotorcraftも、進化はしていますが…

(つづく)

【 Photo AgustWestland HPより AW139 巡航速度 306㎞/h 航続距離1,250㎞ 】

nice!(0) 
共通テーマ:仕事

Fixed Wing? Rotorcraft? ② [タイトル記事]

ビジネスブログ8.jpg

Beechcraft C90GTxとBell 429との比較の続きです。

Fixed Wingの方が那覇から石垣島間の飛行時間
C90:49min429:1h28min)も短いですが、
要は出発地から目的地(病院)までの時間です。

乗り換え回数や航空機以外の乗り物(救急車等)の搬送時間、
空港での離着陸時間が絡んできます。

例えば、病院に屋上ヘリポートがあれば、
直接、手術室へ…

【 Photo key.aero HPより 】

タグ:所要時間
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

Fixed Wing? Rotorcraft? ① [タイトル記事]

ビジネスブログ413.jpg

小型固定翼機のBeechcraft C90GTxと双発ヘリコプターのBell 429とを
比較すると…

Fixed Wingの方が航続距離(C90:2334㎞429:741㎞)は長く、
速度(C90:504㎞/h429:278㎞/h)も速いですが、
両方共にトイレはありません。

那覇から石垣島間が約410㎞なので
429では復路の為の給油が必要です。

しかし搭乗者の休養はFixed Wingも、
Rotorcraftも必要です。

【 Photo avionslegendaires.net HPより 】

タグ:RotorCraft
nice!(1) 
共通テーマ:仕事

航空機用エンジン [タイトル記事]

ビジネスブログ7.jpg

写真は米国の洋上Oil Platformへの人員輸送用ヘリです。
ガスタービンを1台装備しています。

航空機用エンジンを大別すると、
レシプロとガスタービンの二種類で、
違いは間欠燃焼と連続燃焼です。

ガスタービンは連続燃焼で、
ファンヒーターの様に一旦火が着いたら、
消える事がない様に幾重にも
燃料コントロールのバックアップシステムがあります。

【 Photo AgustWestland HPより 】


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

イリジウム【 Iridium:周回衛星 】⇒インマルサット【 Inmarsat:静止衛星 】 [タイトル記事]

ビジネスブログ410.jpg

静止衛星を使うインマルサットについても、
触れておきます。

赤道上の高度約3万6,000kmの軌道を
地球の自転と同期して回っています。

地上からは静止しているように見えるため
静止衛星と呼ばれます。
※地球が廻っているので、
 その位置に留まっている訳ではないです。

ビジネスブログ408.jpg

【株式会社日本デジコムのホームページより】
nice!(1) 
共通テーマ:仕事

イリジウム【 Iridium:衛星電話 】 ⑤ [タイトル記事]

ビジネスブログ407.jpg

なぜ、イリジウムというか?ご存知ですか?
1990年に、
米国モトローラ社が人工衛星を用いた携帯電話通信サービスの計画を
発表しました。

この際、衛星の数を77機必要とし、
77番目の元素番号の物質名である
「イリジウム」を採って名付けました。

でも実際の衛星の数は66機で、
間に合っています!

(つづく)

【 Photo snipview com HPより】

タグ:イリジウム
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

イリジウム【 Iridium:衛星電話 】 ④ [タイトル記事]

ビジネスブログ402.jpg

周回衛星は上空を短時間で移動してしまうため、
通信可能時間を確保する為と広域をカバーするためには、
多数の衛星の同時運用が必要です。

イリジウム衛星は
高度約780kmの低軌道を高速で周回し、
約100分で地球を一周します。

(つづく)

【イラスト:イリジウムサテライト社のホームページより】
タグ:イリジウム
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

イリジウム【 Iridium:衛星電話 】 ③ [タイトル記事]

ビジネスブログ406.jpg

イリジウムは周回衛星で、
静止軌道(高度:3万6,000㎞)以外の
軌道(静止軌道よりも低い高度:約780km)を
周回しています。

静止衛星に比べて伝送遅延が小さく、
衛星までの距離(高度)が近いため、
端末の出力が小さく、小型化、携帯化が可能です。

(つづく)

ビジネスブログ404.jpg

【上図:KDDI社のホームページより】
【下図:イリジウムサテライト社のホームページより】

タグ:イリジウム
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

イリジウム【 Iridium:衛星電話 】 ② [タイトル記事]

ビジネスブログ401.jpg

通信衛星には周回衛星(イリジウム)と
静止衛星(インマルサット等)の2種類があり、

両方共に
広域性、同報性、耐災害性などの特長を生かして、
山間地、離島との通信や
船舶、航空機などの移動通信サービスに
活用されています。

(つづく)



タグ:イリジウム
nice!(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。